リモートロックキーと普通の鍵

サイトマップ

電子錠をつければ鍵を管理する手間が省けます

ナンバーロックのドア

仕事などで疲れてクタクタになってきた時などに、意外と面倒になるのが鍵の開け閉めです。
鍵を取り出し、差し込み、回しと意外と手間のかかる動作をするので、疲れた時には億劫に思う方も多いものです。
鍵の開け閉めを簡略化させたいのなら、専門業者に相談して電子錠を取り付けましょう。
そうすれば物理的な鍵を持ち運ぶ必要すらなくなります。

電子錠は名前の通り、デジタルな方法で鍵の管理ができる錠前です。
解錠方法は種類にもよって鍵穴に取り付けた電子機器に暗証番号を入力するものもありますが、スマートフォンのアプリで解錠できるスマートロックが人気です。
扉の近くでアプリを立ち上げたら、ボタンを押すだけで鍵が開くので、かなり手間が省けます。

手間を省くだけでなく防犯の上でも電子錠は優れており、鍵が開いてある程度時間が経ったら自動で鍵を閉めてくれるので、鍵のかけ忘れで泥棒が入ると言ったこともなくなります。
鍵穴もないタイプならピッキングなど悪意のある他者が鍵を開ける事も不可能になるので、セキュリティ面でも高い信頼度があります。
普段鍵の開け閉めに不便を感じていなくても、実際に電子錠を取り付けたら思ったより手間が省けて快適だったという意見も多いので、帰宅時の無駄な手間を省きたいなら電子錠を取り付けましょう。

防犯対策を万全にしたいなら鍵穴のない電子錠を付けましょう

日本は世界中を見ても治安の良い国ではありますが、実際に犯罪が起きないかどうかは別問題。
常日頃から気をつけていなければ家に空き巣が入ることもあるので、防犯意識は大事です。
セキュリティの基本は鍵にありますが、テクノロジーの進歩は鍵にも影響を及ぼしており、鍵穴がついていない電子錠も増えてきました。
鍵穴がセキュリティの穴になるケースもあるので、とことんまで防犯を意識するなら、鍵穴のない電子錠を取り付けるのも有効です。

電子錠には自分だけで取り付けられる物もありますが、鍵穴がないタイプは専門業者に相談して取り付ける必要があります。
面倒に思うかもしれませんが、そもそも電子錠は自動で鍵が閉まるようになるものも多いので、鍵を持たずに外に出て閉め出された時の事を考えれば、第三者に万一の時の解錠手段を用意してもらうことも大事です。

鍵穴がないタイプの電子錠は、スマホアプリで解錠するタイプの、所謂スマートロックが特に利用されています。
鍵穴を物理的にこじ開けるより電子錠をハッキングするほうが圧倒的に難しいですし、鍵と比べればスマホの方が大きさ的にも紛失しにくいので防犯効果も高いですし、メールで解錠手段を伝えやすいので、家族と鍵を共有しやすいのがメリットです。

電子錠で面倒な鍵のやり取りを回避しシェアしよう

家族や友人、恋人など頻繁に人が自宅に出入りするという方の場合には、鍵の受け渡しが面倒になってしまうこともあるでしょう。一軒家なら植え込みに、マンションならばポストに合鍵を忍ばせておくという方法がよく選択されることもありますが、こうした方法は当然泥棒も熟知しているので、セキュリティ的にはかなりリスクの高い行為になります。ここでは複数で鍵をやり取り出来る電子錠を見ていきましょう。
まず電子錠と言えば暗証番号やカードキーで開け締め出来る扉を連想する方も多いでしょうが、最近ではスマートフォンで鍵を管理出来るというシステムが人気となっています。スマートフォンは今では老若男女ほとんどの方が一人一台持っているので、鍵として使うには最適なツールとなっていますが、自分が自宅を出入りする時にスマートフォンで鍵の管理が出来るということはもちろん、さらにこうしたスマートロックでは一時的に自宅の鍵をスマートフォンでシェアをするというような方法も可能です。こうした電子錠ならば、物理的に鍵を手渡すというような方法ではなく、ネット経由でURLなどをやり取りし、期間限定で鍵を相手に渡すことが出来るので、ぜひ出入りが多い方は専門業者に相談して、こうしたスマートロックの導入を検討してみて下さい。

News

電子錠を使って鍵をシェアしよう

従来型の鍵を管理する場合、合鍵を作ったり、直接手渡すというような方法しか取ることが出来ませんが、最近では電子錠など鍵の形や概念も大きく変化しているので、スマートロックなどでデジタルで鍵の共有が出来るというような時代になっています。ここではこうした電子錠を使って自宅の鍵をシェアする方法やメリットを見ていきましょう。まずこうしたスマートロックではスマートフォンを使って鍵の管理を行うことが出来るシ…

防犯対策にもなる電子錠を選ぼう

防犯対策には家の鍵が重要であることは間違いありませんが、その選択肢はかなり膨大なものになります。鍵の種類や最新のテクノロジーを導入したものなど、かなり高度なものも登場しているので、お金をかければかけるほどより強固でセキュリティレベルの高いものを導入することが出来ることは確かですが、どれほど鍵にこだわっても見落とされがちなのは締め忘れなどのうっかりミスです。ある統計では、空き巣被害の約4割が鍵…

電子錠を導入して簡単に開け締めが出来る環境

毎日どの程度の頻度で家を出入りするかは人によって様々でしょうが、会社や学校、買い物や遊びなど決して少なくは無い回数家を出入りするので、その度に鍵を閉めるのが面倒になってしまうこともあるでしょう。ここではそうした日々の鍵の開け締めをより簡単に行うことが出来る電子錠のメリットを見ていきましょう。まず最近の電子錠にはスマートロックなど様々なものが導入されていますが、中にはポケットからスマートフォン…

電子錠にしか無いシェア機能を活用しよう

家の鍵は基本的には第三者には渡さない自分だけのものですが、誰かに先に家に入って待っていて欲しい時やパーティーなど多くの方が出入りするというようなシチュエーションもあるでしょう。自分がまだ家に帰れないようなタイミングでは、事前に鍵を渡しておくということになるでしょうが、物理的に鍵をやり取りするのがタイミング的に難しいこともあるでしょう。ここでは電子錠ならではのメリットによってこうした諸々の不満…

TOP